血液クレンジングの効果と投与方法と作用は

血液クレンジングの効果

血液クレンジングはヨーロッパでは、B型やC型肝炎やHIVウイルスの増殖を抑えるために用いられています。治療としては、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患の後に行われます。他には老人性網膜変性疾患や自己免疫疾患等にも用いられ、投与量により免疫調整作用があります。免疫力を上げるのに優れているので、がんの保管療法としても使われるため外科手術後に使用されているのです。がんの保管療法としては、週に2回を5週間を1クールとして1年に1・2回行います。

血液クレンジングの投与方法

血液クレンジングの投与方法は様々あり、水にオゾンガスを混合しているオゾン水を歯周病治療等や皮膚感染等に用いられています。オゾンガスは筋肉内投与される事があり、ガス単体でもガスと血液を混ぜたものをシリンジで注入します。鎮静効果を狙って、トリガーポイントブロック等の改善目的のために使用する事も出てきます。静脈路が確保出来ない場合は、直腸経由でオゾンガスを注する注腸法もあります。一番ポピュラーなのが、大量白家血オゾン療法です。

血液クレンジングの作用

血液クレンジングの作用は、体内の酸素化があり普段酸素が行き渡らない部位に酸素化します。抹消循環の改善が血液流動性の改善によりされ、免疫機能の向上や脳細胞を活性化させてATP生産が増加していきます。抗酸化力がSOD等の上昇で起こり、アンチエイジング効果等も期待出来ます。高齢者に対してオゾンガスを注入すると、ATP産生が容量依存が増えます。オゾン療法をすると、10から20%上がると言われているのです。

血液クレンジングの重要性を理解するために、質の高い治療法が用意されているクリニックの特徴を知ることが大事です。