ここが違う!自己処理やサロン脱毛と比較したレーザー脱毛の特長

他の処理方法と一線を画すレーザー脱毛

現在様々なムダ毛処理方法があり、これを処理する主体で分類した場合には、自己処理とプロによる処理との2つに大別できます。そして、近時を注目を集めるプロの処理では、エステや脱毛専門などのサロン脱毛と医療機関でのレーザー脱毛が人気を二分する状況にあります。そして、これらの中でも、特にレーザー脱毛については、強い威力のある医療用レーザーを使用し、毛周期に着目した理論に基づいて施術を行うことから、他のムダ毛処理方法とは一線を画す高い効果を有しているんですよ。

自己処理と比較したレーザー脱毛の特長

現在最もメジャーなカミソリや電気シェーバーなどの自己処理とレーザー脱毛を比較した場合、決定的な相違点は、ムダ毛をどこから何時処理するのかが挙げらます。具体的に、一般的なカミソリを用いた自己処理では、肌表面に現れたムダ毛部分のみをその都度除去しますが、これに対してレーザー脱毛は、ムダ毛を生やす大元の毛根細胞にダメージを与えて根本から解消を図る為、仕上がりがキレイである特長があります。また、照射は毛が抜け生えするサイクルの毛周期に合わせて何度か繰り返すことで、効率的にムダ毛の再生を抑制し、次第に目標とする減毛状況にまで仕上げることが可能な特長もあるんですよ。

サロン脱毛と比較したレーザー脱毛の特長

サロン脱毛と比較した場合のレーザー脱毛の特長は、医療用レーザーの威力による高い効果が指摘できます。現在のサロン脱毛では、光脱毛が主流であることから、何れの施術方法でも光の力を利用した脱毛のメカニズムは基本的に同じです。もっとも、毛根の細胞にダメージを与えて再生を抑制する点に於いて、サロンでは全般的に比較的穏やかな光を用いることから、与えるダメージの程度がレーザーよりも低く、これに対しレーザー脱毛では、毛根の細胞を破壊する威力を有する為、1回あたりの照射が確実で、延いてはサロン脱毛よりも少ない照射回数で済む特長もあるんですよ。

レーザー脱毛は美容クリニックで現在主流となっている脱毛方法で、特定の色すなわち毛の色に作用するレーザー光線を照射し、脱毛を行います。ターゲットである毛のみに作用するため、表皮が傷つく心配がありません。