実はこんなにある!?輪郭整形の種類と方法

フェイスラインの美容整形って?

フェイスラインというものは、その人の印象を左右する重要な部分です。したがって、それだけコンプレックスやお悩みをお持ちの方が多いジャンルでもあります。例えば顔が大きい事やエラが張っている・顎の横幅が広いといったお悩みが多いです。そこで輪郭整形は、素材を注入・挿入したり、骨を切ったり削ったりするといった方法を取ります。患者の希望や手術の種類によって、費用面や身体的負担には大きく違いがありますので、カウンセリングの際にはドクターと相談をしましょう。

エラボトックス注射による小顔整形術とは

エラボトックス注射とは、エラ部分に注射をすることで小顔効果が得られる方法になります。この方法は、ボツリヌス菌と呼ばれるたんぱく質の一種の働きを利用した手術になり、筋肉を萎縮させる効果があります。注射だけで手術が終わるので施術時間も短く、麻酔も使わないので患者への負担が軽いといったメリットがあります。しかし、エラの筋肉が発達していることが原因の人にしか効果がないので、エラ骨が出っ張っている人には効果が得られません。

頬のたるみが原因にはバッカルファット除去手術が有効

加齢などが原因でほほがたるんでしまう事があります。ほほがたるんでしまうと、老けて見られがちになったり、ほうれい線が目立ちやすくなります。そこへ、「バッカルファット除去手術」が有効です。頬の奥の方にある「バッカルファット」と呼ばれる脂肪の塊を切除することによって、フェイスラインを整えることができます。なお、この方法は口の内側から行なうので、顔の表面からは手術の跡が見えない点がメリットとして挙げられます。

顔や体にコンプレックスを抱えている人は、美容整形の利用を行って解決をすることが人気の高いものとなっています。