自信を持って笑顔を手に入れたい!口元の美容整形

くちびるのプチ整形ならこれ!

唇が薄いことでお悩みの方や、唇が小さいのでさびしい顔の印象になってしまうことを改善したい方に選ばれているのが、唇にヒアルロン酸を注射する方法です。ふっくらとした健康的な唇になるので、ぷるんとした潤いのある仕上がりになります。また、注射だけで施術が終わるので短時間で簡単に患者の希望する唇にすることができます。しかしヒアルロン酸は時間の経過と共に体内に吸収されてしまうため、定期的に施術を受けなおす必要があります。

口唇拡大術のメリット・デメリット

口唇拡大術は、薄い唇をふっくらさせることの出来る方法になります。方法は、ヒアルロン酸や脂肪を注入する方法のほか、唇の内側の部分にある粘膜を切開して縫い合わせるという外科的手術を合わせることによってよりボリュームを持たせることもできます。なお、この手術は鼻の下が長いことがコンプレックスの方の「鼻下短縮手術」と併用して行われることもあります。デメリットとしては、切開をした場合には傷跡がケロイド状になってしまうリスクが生じます。

口唇縮小術のメリット・デメリット

唇が分厚いことでお悩みの方に対する美容整形もあります。それは「口唇縮小術」と呼ばれる方法になります。この手術は唇の内側の粘膜を切開して、筋肉の一部を切除し縫合することによって唇を薄くすることができます。したがって、口の内側から施術するので顔の外側からは手術の跡が目立ちません。また粘膜部分は皮膚よりも傷の治りが早いのでダウンタイムも短く済む事がメリットとして挙げられます。しかし、粘膜は血管が多い部分でもあるので、人によっては腫れや内出血がひどくなってしまうケースがあります。

フォトフェイシャルの施術を受けることでシミやシワ、たるみや毛穴といった肌悩みを解消することができます。